(株)ヴァリューマネジメント(Value Management Co.,Ltd.)
コラム お問い合わせ
HOME 事業内容 メンバー紹介 会社のご案内 採用情報 アクセス

事業内容

ヴァリューマネジメントは医療分野の構造改革をご支援いたします。
新たな業態として注目されるメディカル・モールの立ち上げと既存医療機関の変革に向けた各種プログラムを用意しております。

メディカルモールの立ち上げ・運営支援

医療分野は構造的な転換期を迎えつつあります。病院数は減少している中で医師数は増加傾向にあり、近年開業ラッシュが続いております。医療費抑制政策の中で、患者の医療選択はさらに厳しくなっており、医療の現場もまさに経営の質が強く問われています。我々は、開業医が医業に集中して医療の質を高め、かつ効率的な経営が可能となるメディカル・モールを提案しております。

医療機関の戦略作りおよび経営改善

医療機関が地域に根ざして競争力のある経営を実現していくための戦略作りをお手伝いいたします。

メディカル・モールの立ち上げ・運営支援

ビル入居型メディカル・モールの事業スキーム

今後、メディカル・モールが今後の開業スタイルとなっていくものと考えられます。メディカル・モール全体の事業スキームは下図のようになります。

【開業医のメリット】
  • 開業時の初期投資・運営費用の軽減
  • 通常では個別に開業が困難な利便性の高い商業ビルへの入居が可能
  • 複数診療科が集まるモールによって、"ワンストップクリニック"が実現し、患者の利便性が向上
  • 医師が医業に集中できる環境を提供することで、医療の質の向上に注力することができる。
  • 統一されたブランドを維持することで競争力・集患力のアップにつながる。
  • 専門医間での連携によって、それぞれの専門を補完し合い、診療の質向上につながる。
このページのTOPへ

メディカル・モールにおけるMS法人の機能

メディカル・モールが競争力を持つためには、単なる開業医の集積体ではない、トータルブランドを維持した患者満足度の高いモールでなくてはなりません。そのためには、独立した開業医を有機的に結びつけるMS法人のあり方がキーポイントとなります。

PJ組織化
  • 待合室、事務所、スタッフ休憩室等共有スペースの提供
  • 共用の総合案内サービスの提供(受診手続きから各クリニックへの誘導、会計まで)
  • 医療機器・システムの共用(CT,CR,DR,マンモ、電子カルテ、画像システム等)及びリースによる初期投資負担軽減
  • 医事業務サービスの受託
PJ組織化
  • 統一されたサイン、広報誌、ホームページ、広告等
  • ブランド維持に必要となるテナント医師の退出、入居審査
  • 必要に応じて、CS調査等の実施とフィードバック
  • 電子カルテデータに基づく患者分析とフィードバック(リピート分析等)
PJ組織化
  • モール内専門医師間の連携(グループ診断)サポート
  • 病診連携・診診ネットワーク
  • 医局とのネットワーク
  • 読影サービス会社とのネットワーク
  • 内装工事業者一括交渉(規模の効果)
  • 購買業者一括交渉(規模の効果)
PJ組織化
  • 開業支援コンサルティング(マーケティング、資金調達、人事等)
  • 教育プログラムの提供
  • 業績改善プログラムの提供
  • 経理・税務相談サービス
このページのTOPへ

メディカル・モールプロジェクト推進フロー

フロー図
PJ組織化
  • プロジェクト組織組成・役割分担の決定
  • MS法人設立準備とビルオーナー・投資家・開業医の位置づけ
  • 外注業者委託契約管理
PJ組織化
  • 診療圏調査
  • 事業コンセプト
  • 事業スキーム
  • 財務計画(B/S,P/L,C/F) - MS法人、医療機関別
PJ組織化
  • 医療機器リスト化と業者確定
  • 配置図・大きさ・設備仕様(空調負荷・電気容量)・壁シールド仕様確定
  • 設計(基本・詳細)
  • 工事管理
PJ組織化
  • サービス開発
  • 行政諸手続き
  • 広告・PR
  • 組織・人事制度整備
  • 開業医の決定
  • 業務フロー・システム構築
PJ組織化
  • MS法人を通じた各種サービスのサポート
    (MS法人の機能参照)
このページのTOPへ

医療機関の戦略作りおよび経営改善

中長期のビジョン・経営戦略の策定

  1. 経営環境の分析(診療圏患者動向分析)
  2. ビジョン・目標の設定
  3. 事業領域の設定
  4. 基本戦略と実施計画づくり
  5. 中期計数計画

経営改善に向けた分析と改善策の提案

  1. 業績データ分析
  2. 医療統計分析
  3. 診療部門別原価分析(ABC:Activity Based Costingによる分析等)
  4. プロセス分析
  5. レセプトデータ・患者データ分析
  6. 職員意識調査分析
  7. CS調査分析
  8. 重要業績指数
このページのTOPへ
プライバシーポリシー